住宅の耐震性はどれくらい必要?

地震大国と称されるほど地震の多い日本。いつ起こるかわからない地震に備えるためには、住宅の耐震性は避けては通れない問題です。ここでは、注文住宅を建てるうえで欠かせない要素である耐震性について、さまざまな側面から学んでいきましょう。

耐震性に優れた住宅とは

耐震性のある住宅の特徴

そもそも「耐震性のある住宅」とはどんな住宅のことなのでしょうか。「耐震性のある住宅」と言えるのは、「建築基準法に定められた耐震基準を満たしている住宅」と定義することができます。

また、具体的な耐震性能の目安としては、「耐震等級」が設けられています。耐震等級はその住居がどのくらいの規模の地震に耐えられるかによって分けられた等級のことで、3段階に分かれています。

第1等級は「耐震基準で定められているレベルの耐震性能」、第2等級は「等級1の1.25倍の地震が起きても倒壊・崩壊をしない程度の耐震性能」、第3等級は「等級1の1.5倍の地震が起こっても、倒壊・崩壊をしない程度の耐震性能」と定義されています。

耐震性のある住宅のメリットとは

耐震住宅のメリットは大きく分けて3つあります。

ひとつ目は、耐震住宅なら制震機能や免震機能の付与よりも費用を比較的安く抑えることができる点です。免震・制震性能で住宅を守ろうとした場合、免震装置、制震装置の設置が必要となります。そしてそれらの設置には少なくとも数十万円、高い場合は数百万円の費用がかかってしまうのです。反面、耐震住宅ならこれらの方法よりも費用を抑えることができるほか、工期も短くて済みます。

ふたつ目は、耐震住宅は地震はもちろんのこと、台風や強風に対しても高い耐久力を発揮できる点です。耐震住宅は揺れを軽減できる構造になっているので、台風や強風による揺れにも強いのです。

3つ目は、設定制限がない点です。免震装置を取り付ける場合、家の基礎部分に取り付けるので地下室が作れません。反面、耐震住宅ならそうした制限を気にする必要がないのです。

デメリットはある?

耐震住宅のデメリットとしては、地震発生時に住宅が損傷する可能性がある点が挙げられます。耐震住宅はその構造によって揺れに耐える仕組みなので、地震の揺れが建物に直接伝わってしまうからです。

また、それによって住宅へのダメージが蓄積され、住宅の劣化が早まってしまったり、地震発生時に建物は無事でも屋内の家具が転倒する危険性が高いこともデメリットです。

耐震住宅に用いられる工法

木造住宅の場合

木造住宅には、主に、筋交いや構造用合板を用いた耐震補強工法、外付けの鉄骨製のフレームを取り付ける耐震補強工法、壁の耐震性能を向上させる耐震壁を取り付ける耐震補強工法があります。

鉄筋コンクリート造住宅の場合

鉄筋コンクリート造住宅には、強度を向上させる耐震補強工法、建物と基礎の間に免震層を設ける免震補強工法、建物の基礎部分に制震ダンパーなどの制震補強工法の3つがあります。

家を建てる際は耐震性も確認しよう

日本国内に住んでいる以上、どこに住んでいても地震が起きる危険性はあります。そのため、地震に備えた暮らしを送るためには、住宅の耐震性はしっかりと見極めておく必要があります。自宅にもっともふさわしい工法を選び、地震対策を万全にしておきましょう。

沼津市認定!最高ランクA(※1)
信頼できる注文住宅会社2選
自然素材が選び放題!
追加費用がかからない定額制
藤田建設
藤田建設_施工事例
引用元HP
https://www.kk-fujita.jp/works/p762/
                                   
参考価格
(※2)
1,890万
土地選び ○
ショー
ルーム
○

ショールーム見学の
予約はこちら

鉄筋コンクリートで造る
デザイン重視の高級注文住宅
平成建設
平成建設_公式サイト
引用元HP
https://www.heiseikensetu.co.jp/work/detail/ex52/?r=housing
                                   
参考価格
(※2)
2,300万~
土地選び ○
ショー
ルーム
○

ショールーム見学の
予約はこちら

※1…最高ランクAとは、沼津市が公共事業入札業者の選定のために、「経営事項審査の総合評定値通知書に記載された総合評定値」 +「建設業者の技術力及び社会貢献度を評価する値」に点数を付け、合算値で、760 点以上を獲得した会社が認定される評価基準の最上位のこと。当サイトは、平成31年度の格付業者名簿から選出。 参照元サイト名:沼津市公式サイト「平成31年度格付業者名簿」 参照元URL:https://www.city.numazu.shizuoka.jp/business/nyusatsu_keiyaku/nyusatsu/doc/kensetsu_kakuduke.pdf

※2…沼津市の平均延床面積35坪での価格を2019年9月に電話にて調査。

建築会社比較画像

沼津市が行っている公共事業入札資格のための格付業者名簿で最高ランクAの評価を得ている建築会社2社を徹底比較しました!自然素材やデザインなど気になる部分を細かくチェックしています!

格付最高ランクAの
おすすめ2社を
徹底比較!

沼津市の建築会社格付最高ランクAの会社を比較調査!

建築会社比較画像

沼津市が行っている公共事業入札資格のための格付業者名簿で最高ランクAの評価を得ている建築会社2社を徹底比較しました!自然素材やデザインなど気になる部分を細かくチェックしています!

格付最高ランクAの
おすすめ2社を
徹底比較!